流山市における葬儀の流れ

  • 流山での神道の葬儀の式次第

    • 日本古来の神道ですが、流山で行われている葬儀全体の中で占める割合は、ごくわずかになっています。

      神道で行われる葬儀は、葬場祭と呼ばれていて死の穢れを清めるとともに、霊を慰め命として祭る儀式になります。

      流山で葬儀のお得情報を用意いたしました。

      死者の霊は祖先の霊と一緒に家の守護神(氏神)として、祭ることになります。

      葬儀で流山の神社を使うことはありません。


      なお仏式の通夜にあたる儀式は、通夜祭になります。


      葬場祭の式次第は、手水の儀(手水で身を清め口を漱ぐ儀式を済ませて入場、着席)神職入場(一同起立か、軽く頭を下げる)開式の辞。修祓の儀(斎主が斎場、供物、祭具、参列者の順にお祓いをする一同は頭を下げて受ける)。



      献饌(副斎主が供物などを備え楽を奏でる)祭詞奏上(斎主が個人の略歴、功績、人柄などを紹介し安らかな死と遺族の守護を祈る。
      一同は頭を下げている)弔辞、弔電の披露。
      玉ぐし奉奠(斎主の後喪主から順に玉ぐしを霊前に捧げる)撤饌(献饌したものをかたづける)神職退場(一同は頭を下げる)閉式の辞という、流れになります。


      葬場祭が1時間ほどで終了すると、引き続いて告別式が行われます。
      式次第は開式の辞。



      一般会葬者の玉ぐし奉奠。


      閉式の辞の順番になります。
      この後最後の別れ、親族代表のあいさつ、出棺と進んでいきます。

      できるだけ出棺まで見送るようにしてください。流山の仏式の葬儀に参列する場合と比べて注意したい点は、冥福とか供養などの仏教用語や仏などの忌み言葉を使わないようにすることです。


      数珠は使用することがないという点に、注意をしてください。


top