流山市における葬儀の流れ

  • 流山市での家族葬スタイルの葬儀

    • たいせつな家族が亡くなった場合、葬儀についても、遺族の思いを反映した、心がこもった内容にしたいのは当然のことといえます。

      流山で葬儀に関する疑問を解消してください。

      通常、葬儀といえば、家族や親戚はもちろんですが、地域や会社、学校など、できるだけ多くの範囲から参列者を呼び集めて、盛大に行うことになっています。千葉県の北側にある流山市においても、葬儀の傾向性としては、ほぼ同様になっていますが、この場合、社会的な儀式としての側面が強調されるあまり、とても心を込めてお見送りをする趣旨が徹底できない可能性もあります。
      特に、葬儀のなかで喪主になってしまった場合には、地域や会社などから訪れる人たちにあいさつをして回ったり、葬祭社と段取りを打ち合わせしたりと、なにかとあわただしく、時間だけが過ぎてしまい、あとには何も残らないことが多いものです。
      このような弊害をなくすため、最近では家族葬スタイルで葬儀を行うことも増えており、流山市をはじめとして、関東地方ではかなり浸透しつつあります。



      流山市でも家族葬を取り扱っている葬祭社はいくつもありますので、最初にプランを決める際に、家族葬にしたい旨を葬祭社の担当スタッフに明確に伝えておくのがよいといえます。



      家族葬の場合には、参列者をごく一部に限定して、家族、親戚、亡くなった人に特に親しい友人などとするのが特徴です。

      そのため、気心が知れた範囲での儀式となりますので、形式にとらわれて、亡くなった人への思いがないがしろにされることが少なくなります。

top